えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
遂にやってしまった感 [ 擬人化注意 ]
最近、擬人化絵を更新する事が多い気がします。それも1回に2枚分くらいで。
う~ん何故なんでしょう・・・何かがノリに乗ってるのでしょうか・・・?

今回は救助隊のストーリーキャラ2匹の擬人化です。新規。
最初に書いておきますと、デザイン的には完全新規とも言い切れない感じになりました。ある発想が沸いたのですらすら描いてみた感じ。
10年経って、いよいよと言うべきか今更と言うべきか、救助隊のストーリーキャラの擬人化までしようと思うとは。いや、コイルとアブソルも元々ストーリーキャラに近いですが。

ちなみにVC救助隊の方は騒ぎの森をクリアする所まで進めました。
プレイ日記は一気に終盤まで進めてから書こうと思ってましたが、進行スピード的にも、展開的にも、救助隊基地関連の展開が終わった辺りで一度更新しようと思います。

というわけで早めに本題へ。続きページから擬人化絵を直接載せてます。
尚、ネタバレは一切自重していないので、ED後にBGM「逃亡の旅」(または「逃避行」)を聞く機会を終えるまでは進めている事を推奨です。
原型の方はうろおぼえ

(クリック等で少し大きく表示されます)

救助隊イジワルズのゲンガーと、主人公の夢に現れるサーナイトの擬人化。
考えながらの落書きに近い感じで描いてた物に色を付けてみた物なので、粗い所がありますし、文字も潰れるくらいの大きさや薄さだったりします;;

念の為に文字を一字一句抜きだしておきますと、
「ケケケッ」
「ふと「ミズゴの偽物」っぽくしたらどうなるかなと」
「くずしてみた方が色々それっぽいのかな」
「せっかくだからチコリをアレンジしたら妙にしっくりくる」
「前↑」「後」
となってます。

文字にしている通り、うちの救助隊主パをアレンジしたデザイン。
前回記事は前回記事で、既存の擬人化を基に「同一人物の、種族から異なる別の姿」を描いたりしましたが、
今回は血縁もない全くの別人の擬人化にアレンジしてます。
・・・本当に、そういうバリエーション作りが好きなんだろうな自分・・・;;


本作最大級のネタバレを当然のように書いてしまうのですが、
救助隊ゲンガーは主人公以外に登場する元々人間だったポケモンであり、キュウコン伝説に出てきた人間。という事から、
自身の罪を主人公に擦り付けようとした事だったり、主人公とゲンガーを対比させるようなイメージだったり、名前の由来がおそらくドッペルゲンガーである事もあって、
主人公の偽物として擬人化してみるのはどうだろう・・・という発想に至りました。
ゲンガー自身は主人公よりも前から救助隊として活動していただろうし、偶然似ただけなのか、むしろ主人公が偽物なのか、主人公への嫌がらせとして初めて会う頃からこの姿になったのか、これで通すなら色々考えるべき部分もありそうですが・・・;;
擬人化の容姿に関する世界観設定も、ここ最近ちょっと変えようかなぁと思い始めてますし、容姿に関してはこの辺どうするかにもよりそうです。

ミズゴよりも若干トゲトゲしたデザイン。種族的にトゲトゲしてる事もありますし、トゲトゲしてると偽物っぽいって誰かが言ってた(?)
右腰に付けてるのは『シャドーボール』です。モンスターボールでも投げるが如く投げ飛ばします。元トレーナーだもの。
まぁ、救助隊の作中でこのゲンガーはレベルが低くて『シャドーボール』を使う機会は無いので、ポケダン中で使うとしたら超での話になるのですが。
その辺はアレだ、成長の証に昔の姿を思わせる力を使う感じだ(((

ミズゴの偽物としては左の方がそれっぽいのですが、ゲンガーそれ自身のイメージとしては上着を開いている右の方が良いかなぁという自分のイメージ。
シャツはピンク色で中央に線が入ってます。舌イメージ。
設定にはあるのに全然描かないんですが、ミズゴは無地で、顎・腹部と同じ薄い水色のシャツを中に着てたりします。
上着を閉じたら隊長感で、開いたら普通にミズゴロウ配色で、ってイメージで設定してたらずっと隊長やってましたよ隊長・・・


そんなゲンガーに合わせる感じで思いついたのが、チコリアレンジのサーナイト。
ただミズゴとゲンガーほど丸ごと同じにはしてないです。

ちょっと昔話。救助隊パートナーを、本家ポケモンDP頃に育てるにあたって、性格は「すなお」で良かったんですが個性が思いつかないなーとなった所、
第三世代から送っていたチコリータが防御個体値31だった事もあり、キャラ的な癖が少ない印象で「うたれ づよい」になったのですが、
それがきっかけで自分なりのチコリの掘り下げが進みまして、種族もあって打たれ強くてタフ→自ら大切なものを守りたいと考える今の性格ができました。

・・・それはそれで良かったんですが、改めて救助隊をやっていると、チコリさんミズゴの為なら身を犠牲にする事もできそうで、なんかサーナイト染みてないかと・・・
「守る」というは自分が特に強調した部分ではありますが、ゲーム中だけでも「ミズゴのためだから頑張りたいんだよ」から始まり、何もチコリまで巻き込まれる必要の無い逃亡の旅に進んで参加してたりするわけで。この子怖い。怖くて尊い。
そんなチコリを見ていてゲンガーがサーナイトを思い起こさせて、心配だったり何か嫌な感じだったりの感情が入り混じって、シナリオが一通り終わった後もゲンガーはたまにちょっかいをかけてくる事がある、みたいな妄想までしてしまいました。

そんな事を思ったりして、サーナイトもチコリアレンジにしてみました。
雰囲気が似ている位の物はあるかもしれませんが、ミズゴとゲンガー、チコリとサーナイトの間に血縁関係とかはありませんし、付けるつもりもありません。
雰囲気が似ている事の意味的な設定は付けるかもしれませんが。
人間のパートナーになるポケモンとして、自らに近い物を感じて、チコリが知らず知らずの内にサーナイトに見込まれていた、みたいなのはありえるかもしれません。それこそ擬人化とは関係無しに作中の裏設定とかでも。
まぁ、思いつきなので設定として実装するとは限りませんが。

次回のプレイ日記の下書きに書いたので、近々同じような事を更新するかもしれませんが(そういえば前のプレイ日記もそんな事あったね)
救助隊のサーナイトは、個人的にかなり理想的なサーナイト像だと思ってます。
女性的と言われる容姿から来るヒロイン性に、かつてトレーナーを祟りから守ったという図鑑テキスト通りのナイト性も兼ね備えているという。
その為に、擬人化としても若干騎士っぽい要素を入れてます。
胸鎧を付けてみたり、スカートとして扱われる事が多い下半身の白いヒラヒラも全て鎧にしてみたり。かといって重装備でもない。魔法騎士な感じ。
チコリもメガニウム版だったりマグナーダChだったりが騎士っぽくなったから、その辺はキャラ性の共通点なのか、はたまた単なる自分の趣味なのか。
緑色で、♀or女性寄りで、何かしら騎士の要素をもったうちの擬人化、これで4匹目ですよね・・・多いな!やっぱ趣味なんじゃないかこれ!!

尚、ゲンガーもサーナイトも、とりあえず描いてみて色々書いてみたものの、自分の中で流用している事が引っかかるようになったり、もっと別のデザインが思いついたりしたら、変更になる可能性はあるかもしれません。
現状は、「お試し擬人化な感じで描いてみたら、自分では思ってたよりもしっくり来てる」感じです。


超不思議のダンジョンでシリーズキャラもゲスト出演、仲間になるという感じで、
それまで「仲間になるわけじゃないストーリーキャラの擬人化」は避けてきたのが、仲間になるという壁を超えて擬人化したのが去年末のムンナ様。
ゲンガーもその流れになるのですが、救助隊を再プレイしていてリアルタイムにイメージが沸きやすかったという所もあるのかも。終わってませんが!
サーナイトは超に出ているのは探検隊のキャラ。個人的には救助隊と探検隊とは別個体なので、超でこのサーナイトは操作できないのですが、
冷静に考えたら、救助隊のサーナイトは本人が助けた後に任意で加入させられるキャラでした。プレイアブルの都合は最初から解決していた。
自分は、サーナイトにはカウレッズよりもイジワルズに関連を持って欲しいと言う個人的な願望や、サーナイトをLv.5から育てるよりもキルリアからスタートして進化させた方が強くなる都合もあって、仲間にはしてなかったので、忘れかけてました。ごめん。色々ごめんサーナイト。

擬人化したからというわけではないですが、VC版で仲間にできる所まで進めたら仲間にしたいと思います。どうせドーピングアイテムは使うのを控えてるんだから、キルリアから育てた相当の所まで強化してみるのもアリかもしれない。
・・・そこまで出来るか分かりませんが!まぁそれを言ったら、実機でキルリアから育てたサーナイトもそれ以降使ってないので大して意味はないんですが!!orz
VC赤の救助隊を「遊ぶ」事はあっても「極める」事はしないと思うので、そこは気楽にやりたいと思います。超も進めたいしね。


今回はここまでです。読んで下さりありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する