えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
長いような早いような
自宅歴代主パ(擬人化・アナログ絵)

このブログは2006年7月23日に開設し、本日10周年を迎えました。ありがとうございます!
完全に自分の記念日ですが、この機会に擬人化10匹を描いてみました。
ゲームとしての記念日は基本的に原型絵を描く事にしてるので、こういう機会じゃないと擬人化10匹を1枚にって中々しない気がしたのもあります。

メンバーは絵の中心下側から時計回りに、
救助隊カウレッズのミズゴロウ♂のミズゴ、チコリータ♀のチコリ、
探検隊コーヒーのチコリータ♂のコータ、ヒコザル♂のヒーザ、
冒険団コロナのピチュー♂のセイ、トゲピー♀のテン、
冒険家チームコレクトのポカブのオブ、キバゴ♂のクス、
調査団チームカンダクトのハリマロンのリーマ、リオル♀のユウリ。
・・・ゲーム作品としての10周年で描いたメンバーを、今回は擬人化で描いたという物なので、ここの文字はその時の記事からコピペして少し弄っただけです。
原型と擬人化の違いはあれど、カウレッズ主パは2記事連続。

救助隊にのめりこんだのをきっかけにブログを始めて、それから色々な作品を話題にする事こそありますが、
あくまでもメインはポケダン!というまま10周年を迎える事になりました。救助隊のプレイ日記まで書きましたし。我ながらブレなくて怖い。
最初はミズゴとチコリと救助隊メンバーで始めたうちの子な話題も、主人公とパートナーに限定しても10匹という数になってしまいました。
シリーズ10周年絵もそうでしたが、5シリーズ5主パ10匹になったばかりのタイミングで10周年を迎えたからこそ、この組み合わせで行ってみる事にしました。
主パが増えた分、一般隊員の扱いが最近地味なのは、もしそちらにお気に入りの子がいるって方がいらっしゃったら申し訳ないです。

7月23日に始めたのは、思い立った日に始めた程度の物で深い意味は無いのですが、気付けばポケダンの記念日に23日が2つも存在する事になってました。それも丁度4ヶ月後と、丁度4ヶ月前。何かの因果でもあるんでしょーか・・・;;
そういう意味ではVC空が今日じゃないの微妙に惜しい。
・・・いや、ブログ記念日までも正真正銘ポケダン記念日になったら、自分いよいよ死んでしまうからやっぱりいいです(((

最近は交流等はツイッターがメインになっていますし、このような個人ブログを見て下さっている方がどれだけいらっしゃるかは分かりませんが、
始めたばかりの頃に見て下さった方にも、何年か前から見て下さってる方にも、最近見て下さった方も。今ここを見ている方に、ありがとうと思います。
ツイッターでも文字数ギリギリな上に、リプライも用いて、長文を呟いている自分。
こっちも毎度文章が長くなるわけで・・・文字数を気にせず、思う事を書く場として、このブログは機能しているのかなーみたいにも思います。
ここ1年以内でポケダンのプレイ日記を2作品も書いて、最新作の方はこれから再開する可能性もあって、長文ばかりな所、そこはもう少し短めにした方が良いんじゃないかなーとは思いますが!!;;

多分、自分が今の趣味を続けていられる限りは、このブログは続けていくんじゃないかなと思います。
自分が主にゲームについて、ある時はうちの子について、書きたい時に書いていく感じがこれからも続くと思いますので、
たまにでも、見て下さると嬉しいです。

・・・自分のブログの10周年の言葉としては長すぎる気がしましたが、そういう雰囲気で書くのはここまでです。ここから話題を少し区切りますね。

------------

さて、前回更新で救助隊のプレイ日記を終えました。
今日の更新に先立って、プレイ日記まとめを更新してます。飛び飛びの更新になりましたが、目次から順番に見れます。
シリーズ第一作ですが、プレイ日記の羅列は公開順にしてますので、並びの上では超の下になってます。
超の連載外報告その5も、まだまとめに入れてなかったので同時に入れてます。
また、前々回更新した廃人記も、オメガルビーのプレイ日記まとめに、全国図鑑完成編として入れてます。誰を厳選した記事かは敢えて書いてません。

20日を迎える前にと、巻き気味に更新してしまったからか、割とスパッとした終わり方になってしまったと思ってるので、今回改めてちょっと書いておきますと、
10周年を経たポケダン救助隊。色々書いていて楽しかったです。
単純に一作品としての救助隊について考えるのも、後のシリーズを踏まえた上での初代って感じに考えるのも、やっていて楽しかったですし、
初代であり最新っていう感じの環境で、ミズゴとチコリに触れられたのもまた、良かったなぁって感じです。
・・・ブログが続く限り、自分がポケダン好きでいる限りは、これまでもこれからも、ミズゴとチコリは一番の自宅主パとして、活躍させたいです。


改めて、20日には「ポケモン不思議のダンジョン空の探検隊」がWiiUバーチャルコンソールで配信開始されました!おめでとうございます!
まだ殆ど進めてませんが、購入と初起動は当日に行いました。
DSのVCは始めて触れたんですが、2画面なので扱いがGBAより難しそうですね。
空の探検隊は下画面がメインなので、テレビに2画面、下画面を重視したレイアウトでプレイするのが一番やりやすそうかなぁ。

性格診断は最初は素直に受けておこうとやってみた所、むじゃき♂になりました。一瞬、誰だっけと考えてしまいましたが・・・
・・・9年弱前からのパートナーじゃねえか!!
・・・そもそも自分は救助隊を始める時、男性としては主人公をチコリータにできないと、予想したのか知っていたのか諦めて、パートナーをチコリにしたんですが、
闇の探検隊を始める時に、性格診断の結果は救助隊と同じで、まさかまたミズゴロウかと思ったら、予想外の「チコリータ♂になってしまった」という人でした。
それから時を経て、今度は素直にやったら当時の探パのヒコザルになるという・・・なんだ・・・なんなんだこの流れ・・・;;
せっかくヒコザルを引いてしまったので、パートナーをチコリータにして冒頭を見てみようと思いましたが、
パートナーのチコリータしかも今作では目に見えて「♀」!という事もあって、逆転主パというよりも、主人公ヒーザでパートナーチコリみたいな、去年ある絵で使ったフレーズですが主パならぬパパ(一方は♀)って感じでした・・・

今回は以前考えた事があった主パで行こうと思ってます。
主人公エネコ、パートナーコリンクの、ネコ科主パ。
主人公コリンクでパートナーニャースという手もありましたが、メイン主パが♂コンビなので今回は♀を織り交ぜたいという事で。
主人公に性別がない(しかも自設定は「♂寄りの」性別不詳)マグナゲートを除けば、遂に初めての、正真正銘の、♀♂主パとなりそうです。

名前までは考えてなかったので、今回初めて決める事に。
少し考えた結果、7周年の年の7月に配信されたという事で、7を捩った名前にしようと思ってます。
主人公エネコは「ナナコ」。漢字の訓読みとエネコを合わせた感じで。コータといい、何故か探検隊主人公は普通に日本人っぽい名前に落ち着く。
パートナーのコリンクは「ブント」の予定です。英語のセブンとレントラーの捩り。「セント」にしようかとも悩んでます。
チーム名は「ターニャ」にしようかと。直接の由来は、「七夕」と書いて「たなばた」と読むからその「たな」の部分。そこに、ネコ科要素を加えた感じ。

10匹でどうこう言ってたこのタイミングで新主パ結成となるわけですが、まぁプレイ頻度がどうなるかも分からないので、この子達の今後の扱いはまだ何とも言えません。
いずれにせよ、メイン主パがコーヒーである事まで今更変える気はありませんし、サブ主パとして、出番があるやらないやら、そんな感じに思っておいて下さい。


昨日には話題のスマートフォンアプリ、ポケモンGOが配信されましたね!
外出中にDLして、ゼニガメを選び、まずはナゾノクサが手に入るまで頑張ろう!と思ったらいきなり目の前に現れました。一瞬で第一目的が終了しました。
とはいえ、どうやら同じポケモンを沢山捕まえるとポケモンを育てていけるシステムみたいなので、これからもナゾノクサとの遭遇頑張ります。
安全と周りに配慮しつつ、熱中しすぎず気ままに、遊んでいきたいですね。

今の所は第一世代オンリーなので、自宅主パとは殆ど無縁なんですよね。
第二世代が実装されたらラフレシアを育てる事も運になるかもしれないし、そういう意味でもまずはクサイハナ、ラフレシアを目指す感じになるかなぁ。
第一世代スタートの主パがいない分、初代ポケモンと触れあってると、ポケダンから離れてポケモンやってる感じがあります。まぁそれでも、フーディンとかゲンガーとかが目に入ったら意識しちゃいそうですが。


そんなこんな、10周年関係無くてもポケダンの話題ばかりでお送りしました当ブログを、これからもよろしくお願いします。
ここまで読んで下さり、ありがとうございました。
そして改めまして、10周年ありがとうございます!

・・・ちなみに。注意書き兼メニューである「はじめに」の記事は、10周年のこの日に設定してました。実際にこの日を迎える時の事まではあまり考えてませんでした。
その為、今は凄く久しぶりに、日記が一番上に表示されている状態になってます。
珍しいので、今月中はこのままにしようと思ってます。
来月になったら、また15周年の日付とかにでも変更して、再びトップに表示されるようにしておきます。少し手を加えたりもするかもね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する