えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
公式ヤドンパラダイス紹介作品
並べて描くとなんとなく分かる腹部の扱い

「ポケモン不思議のダンジョン すすめ!炎の冒険団 いくぞ!嵐の冒険団 めざせ!光の冒険団」7周年おめでとうございます!
というわけで今回はヤドキング長老。冒険団仕様と超仕様とで描いてます。
超のヤドキングは依頼のお礼をくれるポケモンなので、笑顔のグラフィックを見る事ができるのですが、
表情の作り方が、冒険団と超で異なるなー・・・と思っていたので、この機会に。

超ヤドキングの笑顔の作り方は他ではあまり見ない感じ。
ヤドン系は(キャラとしての)進化方法の関係か、どの形態でも顔は一貫して同じなんですが、ヤドンとヤドランでも見ない。
というか、現行本家においてもポケパルレのヤドン系を確認してみたら全形態で左側の笑顔を作ってました。あれ・・・?
冒険団の長老の笑顔は結構印象的だったし、本家に合わせた可能性も考えたけどそうでもないとなると、何故変更したんだろう・・・
とりあえずは、こういうタイプの目付きのキャラって、笑顔をどう表現するかは意見が分かれそうな感じがあるので、こういう事もあるんだろうなって事で。

自宅関係だと、ヒコザル系の笑顔描写も割れてた気がするなぁ。
ヒコザルは基本的に左側寄りなんですが、稀に右っぽいのを見た気もするし、
モウカザルは完全に左オンリーなんですが、アニメに出るまではツリ目目蓋が不動だったのでその辺りの描写が変わってますし、
ゴウカザルに関してはポケパルレだと左側なんですが、ポケモン牧場だと右側の描写でした。つまり炎の冒険団だと右側。


ポケダン冒険団に関しては配信開始以来、言いたくないけれど正直ポケモン不思議のダンジョンとしてはかなり存在感が薄い、ファンの中でも悪意ある除外だけではなく本当に知らなかったって人もたまに見かけるような作品でしたが、
この1年間で、その状態にも若干変化が起きたように思います。
まず、超不思議のダンジョンで僅かながらちゃんと要素が入っていた事。公式の新作でなかった事にされていなかったのはとても大きい。
これまで喋るキャラとしてアルセウスや通常セレビィが唯一登場していたのが冒険団(セレビィは光のみ)ですが、超での口調は冒険団の物に準じていましたし、
冒険団でやっていた事を明確に喋ってくれたトリトドン西が登場したのが非常に大きい。実際に箱を開けてたのは、一応、東の方でしたけど!
ヤドキングも単体だと微妙な線ですが、トリトドンとつながってるとなると冒険団の長老の可能性が高いと思って良いでしょう。
「赤」や「青」、「空」の名を冠したアイテムシリーズに「炎」「嵐」「光」もちゃんと入っていたのもとても嬉しいです(相変わらず「時」と「闇」はまだ見てません)
もう一つ、これは間接的な効果ですが、WiiUのバーチャルコンソールとして赤の救助隊と青の救助隊、空の探検隊が配信された事で、ポケダンファンがWiiUに触れる可能性が上がった、Wiiモードで買える冒険団にも触れてもらえる可能性も僅かながら出てきた、という所でしょうか。
当時Wiiを持って無かったから買えなかったという人もいらっしゃるでしょうし。

決して安くはないWiiやWiiUを持ってない人にまで勧めるのは厳しいと思いますが、WiiやWiiUを持っているポケダンファンなら、是非触ってみて欲しい作品だと思ってます。
ストーリーは短いけれどシリーズ序盤の雰囲気を掘り下げた感じで、難易度は高めだけど短いストーリーと合わせて手頃にやり込みやすい。
またベースは空の探検隊ですが、シリーズ初の3D作品だからか、システム面では後にマグナゲートや超にまで引き継がれている部分も多いです。探検隊までとマグナゲートからの橋渡し的な作品とも言えるかも。
グラフィックは牧場準拠なのでシリーズでも異質ですが、拠点の村の描写やBGMと合わせて雰囲気は良いです。
個人的にはポケモン達で村をウロウロしてるだけで癒されます。
こういった要素に惹かれる部分があれば、やってみて欲しいです。
ソフトとしては現在1234ポイントで、1バージョン遊んでみる分には値段相応には楽しめる作品ではある・・・のですが・・・
バーチャルコンソールが1000ポイント未満で配信開始された現在、値段面ではアドバンテージは取れてませんね・・・その点はちょっと辛いか;;
WiiUとWiiモードでポイント管理が異なるのも厄介ですし。


ちなみに。記事タイトルにもしてるのですが、2年前に公式で行われたヤドン特集「ヤドンパラダイス」において、本家以外でのヤドン登場作として「ポケモンダンジョン冒険団シリーズ」として紹介されました。
そもそもヤドンが登場しないマグナゲートは仕方ないとして、ヤドンがタルイーズに所属している探検隊も差し置いて!冒険団が紹介されました!
・・・活躍度合いではタルイーズよりヤドキング長老の方が上なので、ポケダン1作品を紹介するなら順当な所ですが、それにしてもちゃんと冒険団がピックアップされたって事実はかなり、とても、嬉しかったです。

ヤドンの日は語呂合わせで8月10日。いつもよりも暑い今年の夏、来週は家でのんびりと、冒険団をしてみるのも悪くないかもしれませんね。
どんな時でも のんびりいくのが いいんじゃよ。とは超ヤドキングのセリフ。
というわけで今回記事はここまでです。ありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する