えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
第六世代最後のアナログ絵まとめ:ポケダン(擬人化)
アナログ絵まとめ3番目の更新は、ポケダンの擬人化絵になります。
擬人化絵を直接載せていますので、苦手な方は続きページを読まない、この記事を直接開かない、今直接開いている場合は早い内に閉じるようにして下さい。

こっちは今年から5タイトル扱っていきます。救助隊→探検隊→冒険団→マグナゲート→超の順番にまとめていきます。
複数作品という分類を廃して、誰が、何がメインかに応じてどれかの作品に割り振る事にしたのは原型のまとめと同じ。
ぶっちゃけこっちも絵の多さ順は原型と変わらないのですが、超だけで1記事まとめをするとほぼリーマとユウリ特集になってしまうのでやりません。
今回は超不思議のダンジョンでCONNECTEDするようになった事から認識や扱いが変わって、過去作において自軍メンバーではなかった、本編ストーリーのキャラの擬人化が例年よりも増えています。

続きページからまとめています。


○救助隊

デカウレッズ

ラグラージ♂:ミズゴ メガニウム♀:チコリ
掲載記事:つながりの前夜

超が発売される前日に描いた物。今回のアナログ絵まとめの全範囲の中では最初の絵になります。
・・・今年のまとめ前の最後の日記記事で「超プレイ日記から今に至るまでの絵をまとめます」って書いてましたが、その時この絵を描いた時期を忘れてました。
まとめ一番手の超の範囲としてはそれで良かったんですが・・・;;
ちなみに前年度まとめの時点では描く頻度を自重しすぎたという理由でのトップバッターでもありましたが、今回まとめでは原型も擬人化も出番多めです。

超の作中における「ミズゴとチコリのキャラ性」はミズゴロウとチコリータに投影する事にしたので、やはり超においても彼らは進化してない事になってますが、
超プレイ日記連載外報告その6で書きましたが、エーフィ・ラグラージ・メガニウム♀というトリプルミーニングくらいの意図のチームを使った事はあります。
その時にメガラグラージに覚醒できたりもしました。あのメガラグ一体何者なんだ・・・




張り切りカウレッズ

ミズゴロウ♂:ミズゴ チコリータ♀:チコリ
掲載記事:歳を喰う

この2匹を扱い始めてもう10年経ってたんだなぁという記事。
その少し後に救助隊のバーチャルコンソールが発表されるわ、プレイ日記も書き始めるわ、ブログも10周年を迎えるわで、必然的に出番が増える2匹なのでした。
描く回数を重ねているからかは定かじゃありませんが、今回はこの2匹の距離が近い絵が多い気もする。多分胴体が一番離れてるこの絵でも手は合わせてる。




嘘の子

ウソッキー♀:ソッキ
掲載記事:表も続きも擬人化な近況報告

4月に入りましたという事で描いた一枚。
この絵と記事の後にVC救助隊のプレイ日記を書き始める形になりましたが、今回も彼女はピンポイントで頑張ってくれました。
一方で超への投影はせず。救助隊ウソッキーは真似が上手いだけで嘘付きじゃないってキャラなのに対して、超は堂々とした嘘付きなんですもの・・・




日光って大事だよね

ミズゴロウ♂:ミズゴ チコリータ♀:チコリ
掲載記事:○▽○

長期の雨から、久々に晴れたある日に思いついた物。
救助隊プレイ中で、逃亡の旅でナレーションで語られていたある場面から始まった発想でもあるんですが、最終的にあまり関係無い感じに。
4年前に青の救助隊もやった時もそうなんですが、逃避行編を遊んでいて何か思いつく事はあっても、最終的にシリアスな物は全く描けてないという。なんだこれ。




擬人化ゲンサナお試し

ゲンガー♂ サーナイト♀
掲載記事:遂にやってしまった感

救助隊のNPCより擬人化。記事タイトル通り、遂に、な感じ。
ミズゴとチコリをアレンジしたデザインですが、そうなった経緯は記事でも書いてるのでこっちでは長々と触れません。
ツイッターにも載せてますが、そっちでは上下を別の画像として投稿してます。
そのまま一部切り抜いて設定画扱いしても良さそうなのですが、まとめ時点で設定置き場がなかったのでここに。

個体としては過去に原型絵でメガシンカを描いた事があり、種族としては今年の映画で色違いメガ形態が登場しプレゼントもされましたが、メガシンカ形態を考えて色違いカラーで描いてみようか、と考えた事もありました。実行はできませんでしたが。
メガサーナイトは色違いの方が色数増えてるから、パーツ分けや色の対応を考えるなら色違いの方がやりやすそうではあるんですよね。




10匹で

ミズゴロウ♂:ミズゴ チコリータ♀:チコリ
チコリータ♂:コータ ヒコザル♂:ヒーザ
ピチュー♂:セイ トゲピー♀:テン
ポカブ:オブ キバゴ♂:クス
ハリマロン:リーマ リオル♀:ユウリ
掲載記事:長いような早いような

このブログが10周年になったのに合わせて描いた物。
ゲームの記念絵としては擬人化は避けてるので、私的な記念日に擬人化。擬人化してる以外の組み合わせやコンセプトはゲームの10周年絵と同じ。
テンプレートを意識した背景色に、自宅主パのラインナップから、全体的に緑率が高めな感じに。冒険団以外は何かしら緑色い。
































○探検隊

申年コーヒー

チコリータ♂:コータ ヒコザル♂:ヒーザ
掲載記事:区切りなさる

今年の一枚目に描いた物。申年故に猿。
一枚目がこれ、前回記事の新規絵があれ、探検隊絵以外として探検隊キャラを出した擬人化絵はあれこれと、今年の自分は探検隊絵に角度を付けたがっているのでは・・・などと今まとめていて思いました。正直自分でもよく分かってません。




桜の子

チェリム♀:ソメ
掲載記事:表も続きも擬人化な近況報告

桜の季節ですねという事で描いた一枚。
URLも記事内容もソメ名義なのでまとめもソメ名義です。
今後、あくまで別名義にしたい場合を除いて伏せるような扱いはしない気はしますが、過去に描いたこの姿の名義を遡って変更したりはしません。




未来組

ジュプトル♂ ヨノワール♂ ☆セレビィ
掲載記事:いざ考えるならやはり愛おしい

かつては一度切り、今後は描かないつもりで描いた未来組の擬人化。
超不思議のダンジョンにも登場し、仲間になった事で改めて描きました。内1匹は本記事中でもう一回出番あります。
下に載せている冒険団自軍3匹の絵を左右反転させた構図を意識してます。
モノクロですが、セレビィは色違いだと言い張ります。未来組だもの。




擬人化版探検隊9周年

メガニウム♂:コータ ゴウカザル♂:ヒーザ アメモース♀:ツユ
掲載記事:この記事

今回の新規絵。擬人化探検隊主パと三番手と。
探検隊9周年絵の擬人化版。同じ構図の原型絵/擬人化絵をやってみたかった。
最終形態コーヒー主パは原型はまとめてみたら結構あったという具合でしたが、擬人化ではこれ以外に描いてませんでした。ツユが久々だったのは原型も擬人化も同じ。
このタイミングで描いておきたかった、という理由で今年は原型まとめも擬人化まとめも新規絵は探検隊絵になりました。自分で言っといて、来年本気出すとは一体。
































○冒険団

金銀16周年っぽい何か

ピチュー♂:セイ トゲピー♀:テン
掲載記事:コロナ戦セカンド

特に捻りのない冒険団主パ。
といっても、記事内でも言及してますが擬Mii化もそうでないデフォルメもしてない、普通の冒険団主パの擬人化絵が3年弱ぶりと、かなりの久々だったり。
描いた日付け的な理由が少々無理矢理なので、当記事でのオンマウス表示(本来のファイル名)もどこか酷かったりします




>>光<<

ピチュー♂:セイ トゲピー♀:テン
掲載記事:○▽○

同じ記事に載せた救助隊絵のオマケのハズが、こっちの方が大きくなった何か。
擬Mii化ではないポケモンタワーの練習でもあります。まずは試しに手の上に。
構図的にも、この時点で肩乗せに挑戦すべきだったのでは、とは今も思う。




先祖組+α

キモリ♀:リョク サマヨール♀:レッシャ セレビィ:シゼン
掲載記事:ゲームとしてたまに爆発的に再熱する感じ

コロナの一般隊員(幻もいるけど)3匹。
冒険団7周年頃からしばらく冒険団に再熱してたのと、探検隊の所に載せている未来組に繋げるのも目的に、この3匹のチョイスです。
































○マグナゲート

なかよしポケモン

エーフィ♀ ブラッキー♂
掲載記事:今年の初と10匹目と

超不思議のダンジョンの公式特別映像、スペシャルエピソード3から。
作中のテキストだと2匹はつきあ・・・というだけでマグナゲートのキャラかまでは不明瞭だったのが、徐々に、徐々ーにマグナゲートのキャラと判明していきましたね・・・。
去年はまとめまでにマグナゲート主要メンバー全員の擬人化を目指したのですが、結果として7匹全員が超に本人として続投してるわけで、ある意味では超関連の擬人化に先駆けてみたいな感じになったようにも思います。
・・・超以降、マグナゲートキャラの事を考える機会は却って増えたように思ってたんですが、その割に描いてはいなかったので、もう少し頑張りましょう自分。




ムンナさま

ムンナ♀
掲載記事:今年の初と10匹目と

超発売以降、初の過去作キャラ擬人化として取り組んだムンナ様。
そのまま設定画にできると思いますが、置き場は無いのでゲンガー達同様にここで。今後置き場ができてもまとめには残しますが。
この後もう一枚描いてますが、そっちと若干配色が違うので少し触れておきますと、ゆめのけむりと頭のリングの色はマグナゲート時は紫系、超の時代ではピンク~赤系になってます。この絵はマグナゲート版。

































○超

擬人化カンダクト

ハリマロン:リーマ リオル♀:ユウリ
掲載記事:実行のリユウ

攻略から割とすぐにイメージができた、超の主パの擬人化。
これ以降デザイン自体は変わってませんが、描き方は変わってると思います。
尚、最初に書きましたが今回は超の擬人化絵が多いものの、殆どこの2名です。




擬人化カンダクト全身

ハリマロン:リーマ リオル♀:ユウリ
掲載記事:25周年と10周年の

スカーフ付き全身絵の初描き。
現在設定ページには、この絵を自分用に左右分割・カラー補正を加えていた物を載せています。元絵がこっち。
掲載記事でも言及したり修正しようとして却って混乱したりしましたが、ユウリの(リオルの)スカーフの巻き方がこの絵は公式とは異なります。
いずれ正しく公式準拠にも描きたいですが、時系列でクリア後を前提にすると、スカーフ無しが標準になるのが、ここでも厄介だなぁと思ったりもします;;




最終形態カンダクト

ブリガロン:リーマ ルカリオ♀:ユウリ
掲載記事:キリの良い年締め

進化形態擬人化。
作中でもイベント進化したりしますが、この絵はクリア直後に普通に進化したら、という感じになってます。イベント進化の場合は見た目年齢ももう少し上げたい。
超の主人公は人間からポケモンになった際に年齢が下がってるという解釈が一般的なので、イベント進化で大人化するとしたら元の年齢に戻っただけとも考えられそうなんですが、うちのリーマの場合は元々子ども年齢という事になってるので、大人化は本当に単なる大人化って事になるんだなーとかふと。




最新チームは渡す側

ハリマロン:リーマ リオル♀:ユウリ
掲載記事:バレンタインは描くもの

リーマの性別が♀寄りとして一応は自宅初の♀♀主パという事で。
・・・あくまで「♀寄り」なのでこの記事内でリーマの性別表記はしてませんが、
超の擬人化をまだ主パしかしてなくて4連続で主パでこの流れって、そろそろリーマの性別表記をしないのが自分で滑稽に感じたりしなくもないです(((




超三連休感

ハリマロン:リーマ リオル♀:ユウリ
掲載記事:本体はむしろ茶色

ゴールデンウィークの内容をリーマに当てはめてみたネタ。
元々の性格に加えて記憶喪失から成り行きで今の状態にって事から、リーマはなんというか休みの使い方に慣れてなさそう。





人間の子どもと幻

人間リーマ 古代ミュウ(原型)
掲載記事:そのむかし

「主人公の人間版」をどう扱うかはコータの頃から悩んでるのですが、今回はこちらに。過去のまとめも含めてどちらかに決めて整えた方が良いのかもしれない。
「人間と擬人化」は同時には描かない方針なので、ミュウは原型で描いてます。「擬人化と原型」もなるべく避けてますが、たまにやってる。




擬人化古代ミュウ

古代ミュウ
掲載記事:そのむかし

上の絵のオマケとして描いた古代ミュウの擬人化。通称ミュウリ。
数が多いもののハリマロンとリオルばかりの当項目において、この二枚は少し珍しい位置かもしれません。それでもリーマとユウリなんですが。




ジェントルモード

ヨノワール♂ ムンナ♀ コノハナ(フキダシのみ)
掲載記事:リーチ掛かってしまった

ほぼリーマとユウリ特集と言いつつ、この面々を超の絵として締めると。
コノハナが加入した事でこのポジションの面々に歓迎させてみました。
せっかく2匹とも今は前を向いて進んでるのに、何だか裏がありそうな笑顔絵なのがなんだか申し訳ない。
超の笑顔グラを見てると、ムンナ様は本当に普通に笑顔って感じですね。一方ヨノワールさんは笑顔グラがあるものの違いは分かりにくい感じ。
目付きそのまま、角度を変えた感じ・・・っと。ヨノワールさんは探検隊本編中でニヤリとしていた印象がありますが、やっぱりあれは笑顔というより、ほくそ笑むというか、あくまでも企んでる顔って感じだったのかなぁ。
いや、ヨノワールさん以外にも過去作と笑顔の作り方が変わってるポケモンもいるので、深読みしすぎてもしょうがないのかもしれませんが。
連載外報告その6でも書きましたが、この後このメンバーで調査に行く機会がありました。割とバランス良かったです。








ポケダン設定まとめに戻る

○15年度アナログ絵まとめリンク

1:ポケダン(超 原型)
2:ポケダン(過去作 原型)
3:ポケダン(擬人化)
4:任天堂キャラ

○ポケダン擬人化ログ

2010年9月~2011年9月
2011年10月~2012年9月
2012年10月~2013年9月
2013年10月~2014年10月
2014年10月~2015年9月
・2015年9月~2016年9月
2016年10月~2017年9月

アナログ絵まとめに戻る