えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ゆったり年始更新
2017年描きはじめ(擬人化・アナログ絵) → 1枚目 2枚目

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。
なんとか新年から1週間は経たない内に更新してます。なんとか。年末は大体最終日に更新できてますけど、この辺りは年によりけりだなぁ。
実は今回のアナログ絵も実際に1日には描いてツイッターには載せていたのですが、それからこちらに載せるまで・・・といいますかブログ更新まで少し間が開きました。
その日の内に描く事を目的にしたため、さくっと気味。
同時に2枚分となってるので、あまりやった事のない載せ方になってます。


冒険団主パ、ライチュウ♂のセイとトゲキッス♀のテン。
トゲキッスってモチーフは鳥なのか、そうでないのか、という2枚目。
トゲチックは天使モチーフなんだろうと思うのですが、キッスはチックと比べると鳥っぽいデザインだけど、くちばしがあるわけでもないし、果たして。
でもトゲチックはトゲチックで、当時から多くのとりポケモンとタマゴグループが同じだったり、記憶が正しければGB金銀で使われていた手持ちアイコンは鳥アイコンだった気がしたり、色々どうなってるんだろうこの辺の扱い。
トゲピーはベイビィポケモン故にタマゴ未発見グループだからこそ出来たタマゴグループ設定な感じがありますよね、トゲチック。
金銀トゲチックといえば、トゲチックやルギアに強化の為とはいえ「するどいくちばし」を持たせるのって面白い画になりそうだなぁって当時思った事があります。
・・・今は今で、モーション的に翼から出す風を強化するためにくちばしを装着するトゲキッスとかシュールだろうなぁって考えてしまいます。

擬人化に特化したちょっとした話。
最近の絵でテンの左手首に付けていたバンダナを今回も。
前描いたのはトゲピー扱いで、あれは普段頭に巻いているのを手首に巻いたという扱いなのですが、
トゲピー時代に頭に巻いてるのは装備品だけど、トゲチック以降は種族パーツとしてのバンダナが新しく発生してるなんて設定があったりします。
なので進化後は頭のバンダナは白くなってるけれど、それ以前の黄色いバンダナは別に残ってる設定。対してセイの帽子は進化毎にそのまま変化してます。
「パワーバンダナ」なのでそれ以降も時と場合と気持ちによって使う事があったりなかったり。どちらにせよ大切にしているそうです。


セイとテンを描いたからには(?)ちょっと触れておこうポケモンGOの話。
セイテン的な結論から言うと、未だピチューとトゲピーには巡り会えてません。
クリスマス過ぎから正月明けまでの約1週間、1日に1回ポケスポットで使い捨てのふかそうちがもらえるキャンペーンが展開されてました。
自分はその間・・・とりあえず、それまで持っていたタマゴを全て入れ替える事には成功しました。
自分は普段の移動が自転車多めなので、移動距離は中々思ったように稼げない事が多いのですが、それが逆に幸いし、手持ちタマゴが一杯の状態でふかそうちばかりが増えて、既存のタマゴを全てふかそうちに入れるまでタマゴは増えず、いつもらったか不明のタマゴがいつまでも残るという状態をいよいよ脱する事ができました。
ポケモンGOはタマゴを手に入れた日付は残らないですし、並び方の法則もイマイチよく分からないので・・・どれがいつのタマゴか中々分からないんですよね;;

その期間で孵化したタマゴは先述の通りピチューやトゲピー無し、それ以外のベイビィも無しという具合。一応、新規入手にはベロリンガがいました。
ひとまず、「分からないままベイビィの可能性ゼロのタマゴを必死に連れ回す」段階は脱せたので、これからまた気長に進めていきたいです。
ベイビィの方は特に期間限定ってわけではないみたいですし。
サンタピカチュウは3日くらいまで期間延長してましたが流石にもう終了したっぽいです。最終的に5匹捕まえられました。
それまでピカチュウすら持ってなかった事を思えば上出来。
今からサンタピカチュウを進化させてもサンタライチュウになるなら嬉しいですが、そうでなくても、ライチュウは欲しいので目指したいです。
尚、そんな自分に対して、母はムチュールを孵化したり、ピカチュウのアメが必要数に達したのでサンタライチュウに進化させたり、という事を元旦に起こしてましたとさ。
最近はトゲピーにも巡り会えたようです。羨ましいなぁ母・・・

ポケモンGOでは今まで、ナゾノクサを捕まえては手元に置いておき、連れ歩き実装からはずっと同一のナゾノクサをラフレシアに進化するに至るまで連れてきたのですが、
手元に残せるポケモン数は他のポケモンを博士に送っても尚限界が近いし、ナゾノクサのアメはそれなりの数が貯まってゼニガメのアメやピカチュウのアメ等も集めたいので、この辺りはそろそろ拘りを捨てる頃合いかなぁと思いました。
そんなわけで、先日までの時点でナゾノクサ52匹・ナゾノクサのアメ122コの状態から、心苦しいですがステータスを調べてもらった時に上から2番目の判定までの子を残して博士に送り、ナゾノクサ10匹・ナゾノクサのアメ164コの状態になりました。
かなり減ったなぁと思う一方、1種類の所持数としては依然として多い方なのではという気もするような数。

総勢42匹のナゾノクサがウィロー博士の元に旅立っていきました。一斉に。大量の歩く雑草アルキメンデスが博士を押し寄せたのです。ごめんね博士。自分の分も可愛がってあげて下さい。
おそらくは、52匹+最終進化させた1匹=53匹がこれまで自分がナゾノクサを捕まえてきた総数です。手違いで捕まえてすぐに送ったナゾノクサもいたかもしれません。
ナゾノクサのアメ164コはクサイハナ1匹とナゾノクサ2匹を進化させて14コ余る数。
キレイハナ実装には備えられてるわけですが、その際にラフレシアになった場合はもう少し時間が掛かる事になる難しい所。
久々に所持ポケモン数が200を下回り、他のポケモンの整理も含めて50匹以上のスペースが。まだまだ進化前から未捕獲のポケモンもいますし、金銀ポケモンの本格解禁の可能性も考えると、必要な数になるんだろうなと思います。
連れ歩きは今の時点では最初のゼニガメ・・・を進化させたカメールが第一候補だろうって所ですが、ピチューかトゲピーと出会えたらそっちかなぁ。
・・・でもやっぱりもう少しラフレシアを稼いでも良いかもしれない・・・
実用性も重要だけど、連れ歩くなら好きなポケモンを選びたい。ゼニガメ系、ピチュー系、トゲピー系、いずれも好きなポケモンなのでその点でも問題ないですけどね。

書き終わってみたら全然「ちょっと」じゃないな!ポケモンGOの話!!;;


去年後半から今回記事にかけて、プレイ日記関連の本家絵と、ポケダンは記念絵以外は擬人化ばかりで描いてたので、それ以外の所も色々描いていきたいなぁ。
リアルの事はあまり書いてもしょうがないと思うようになったので最近具体的には触れてませんが、最近は気持ち忙しく感じるので、その中で、無理なく楽しめる範囲で。

ではでは、今回はここまでになります。
改めまして、今年もよろしくお願いします。


[1/8 追記]
ポケモンGOでピチューが産まれました!
丁度キャンペーンのふかそうちを使い切るタイミング。良い締めとなりました。
今後はトゲピーを第一目的に、他のベイビィも求めつつ孵化していきます。

ピチューが産まれたところでピカチュウのアメが増えましたが、サンタピカチュウの進化にはまだいくらか足りないので、しばらくピチューを連れ歩こうと思います。
連れ歩き実装の頃から一緒だったラフレシアを一旦下げるのはちょっと心苦しかったですが。移動距離は日によってまちまちでしたが、交代時点で131km。
連れ歩いた距離は全てリセットされるのかと思ってましたが、アメに達しなかった分が切り捨てなだけで、総移動距離は個体情報として残るんですね。良かった。
ナゾノクサ系を連れ歩いて一回アメが手に入る距離は3kmでしたが、ピチューは1kmしかない様子。これはライチュウも遠すぎる事は無いかな?
ベイビィ系の特典として聞いてましたが、抱っこしてる主人公とピチュー可愛い。

ちなみに今回ピチューが産まれて、でんきタイプを捕まえた数がやっと10匹目になりました。それも内5匹が短期間内のピカチュウ。
自分の行動圏の都合かもしれませんが、でんきタイプ全然出会わないんだなぁ。確かにビリリダマもコイルも全然出会いませんけども。
サンダーはしょうがない、エレブーもそこそこ貴重、ピカチュウは主人公補正・・・
人気故か、分岐進化に対する配慮か、イーブイはやたら出現する印象なので、サンダースが一番入手しやすい気さえしてきました。分岐進化ですけども。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する