えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
大王の横顔に惚れるゲーム
描く度に難しく、描く度に楽しい大王さま

星のカービィトリプルデラックス3周年おめでとうございます!
作品タイトル的に3周年には触れたかったのです。

記念絵として描きましたのはスナイパーカービィ、デデデ大王、タランザ。新コピーと重要キャラと新キャラと。
スナイパーにしたのはあれなのね、丁度スナイパーという弓使いに熱を入れたい頃合いだったからなのね。
トリデラで初登場のコピーであり、また使い勝手ではトップクラスで、それを抜きにしても弓使いというコンセプトが好きな能力ではあるのですが、
自分自身のトリデラを思い返すと、最終的にノーマルで真・格闘王への道に挑戦するのにハマって、コピー能力自体あまり使わなくなってた気がします。
挑戦する事自体が好きでタイムアタッカーだったわけではないです。
ビッグバンというカービィの原点たる「すいこみ」を強化した技が主役の作品で吸って吐く事に楽しみを感じたとか、コピー能力での戦いはファイターズで楽しんだからとか、そういう所もありそう。


もう3年前になるんだなぁと感じるトリプルデラックス。
発売時期を他作品で言うとポケモンXYから3ヵ月が経った頃だから、なるほどポケモンが世代交代するくらいの時間が経ってたわけだ。
カービィシリーズとしても、去年に最新作が出ましたしね。

同一ハードの最新作が出た後におけるトリデラ、という事を改めて考えますと、
ロボボプラネットは元々トリプルデラックス2として開発が始まったものの、トリデラ含めこれまでの作品から雰囲気を変えたいと、ああなった作品との事。
ロボプラはトリデラベースの新作ながらも雰囲気は異なる作品、逆に言えばトリデラはトリデラで最新作には無い世界観が描かれていた作品と言えます。
舞台はプププランドではないものの、豊かな自然やお化け屋敷、王宮といった世界を奥へ手前へと冒険していく作品。

カービィに次ぐメインキャラとしてはデデデ大王が活躍するトリデラ、メタナイトが活躍するロボプラというのも目立つ違いか。
トリデラにおけるメタナイトは近年ではまさかの影も形もあるけど本人は出なかったですし、ロボプラのデデデ大王も僅かに出番があった分前作のメタナイトよりはって所ではありますが本人の本編での出番はほぼ無し。
最新作が出てるとはいえデデデ大王とメタナイトでデデデ大王の方が好きなら勧めたいならトリデラ、という部分はあります。
トリデラが出た時、それまでメタナイトと比べてしまうと冷遇気味に感じていた大王が大活躍で嬉しかった一方で、メタナイトについては流石に大丈夫なのかこれ!?と思う事もありましたが、そこはロボプラでバランスが取れた感じ。良かった良かった。

またBGMについても、ステージ等のBGMは大体が新曲か新規アレンジで、シリーズ通して共通のBGMを除けばかなり異なるラインナップ。
内容含めファンサービス的に前作と共通している所もあるのですが、全体としてはシリーズ作品内のほぼほぼ別の作品になれているというのは、大きく感じます。

そんなわけで、ロボプラが発売しても互換関係にはならず、別にオススメできる理由があるトリデラ。
嬉しい事に、ロボプラが発表された時に、ロボプラに備えてトリデラを遊んでみよう!となった方をちらほら見た印象ですが、それが発売後にロボプラだけで充分だったとはならなさそうだった事は、これまた良かった話。
ロボプラは遊んだけどトリデラはまだ・・・という方でも、ロボプラとは違う冒険や音楽を楽しみたい、強烈爽快な吸い込みがみたい、デデデ大王の活躍を見てみたい、といった方は是非トリデラも遊んでみて下さい。

・・・常日頃から話題にしてるわけじゃない作品ながら、こういう時に話題にしてはどこかCMっぽい感じになるの、なんでだろうなぁ;;


少し前にも話題にしましたが、今年はカービィ25周年!
今年既にゲーム以外では様々な展開が予定されていますが、ゲームの方には何か動きがあるのやら、無いのやら。
新作出たばかりと言っても、5年前も19周年に外伝と本編アクションと2作品を出しながら、20周年は20周年で記念作品を出してきましたしねぇ。
純粋なメモリアルソフトは20周年に出してるから可能性は低そうにしても、トリデラに対するZに当たる作品とか、新規の外伝作品とか、そういう所は十分ありえそう。
ちなみに、25周年にコレクションソフトを復刻し、30周年にはステージ作成ソフトを出してきたのがスーパーマリオでしたね。その線も・・・可能性なら・・・


最後にカービィとは別の話題になるのですが、
今日、ポケモンサンでは初めての色違いが出ました!既存ポケモンですけども!
ED後に初めて行ける場所でのポケモンになりますので、具体的な事はこっちでは書きません。ツイッターではネタバレ用アカウントへのリプライ形式でもう少し突っ込んだ話をしようかなと。
元々はバトル施設用の戦力を求めている時でした。まさかの副産物。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する