えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
話題をカラメル
探検隊プリン♀・救助隊ハピナス♀(擬人化・アナログ絵)

うちの子で何かしらバレンタイン絵が描けないか考えてたらポケモンGOでバレンタインイベントが始まって、それと絡めようと思ったらむしろそっちの方が強くなり、バレンタイン絵っていうかキャンペーン告知みたいな感じになってしまった図(長い)
親方様の好みを反映したとはいえチョコですらねえ!!
ギルドの親方様に憧れるプリンのカラメルと、擬人化は6年前に公開したけどそれ以来描いてなかったハピナスのウェルフェ。
ウェルフェは何らかの機会があれば描きたいなぁと思いつつも驚くほど描く機会がありませんでした。なんでだ。こちとら逆にハピナスを見て救助隊バッジを連想するくらいにはなっているというのに(?)
尚、こういう絵を描いたりもしたけど結ばれる予定はありません一切ありません。ファンから先には進みません。それ以上に、主パクラスならまだしも一般隊員というオリキャラに近い位置の子に作中重要NPCとカップリングとか恐れ多すぎてできません。
久々に色鉛筆です。といっても大体ピンクです。

実は・・・という事を何度か言ってるので知ってる方もいらっしゃりそうですが、擬人化まで至ってるうちの子で、設定の基準形態が第一世代ポケモンなのがかなり少ないです。
自軍メンバーだとカラメル以外にはイベント加入のイルのみ、NPC擬人化を含めれば救助隊ゲンガーでやっと3匹目です。
なので、うちの子でポケモンGOネタができるのも貴重という・・・それこそベイビィポケモン解禁でやっと冒険団主パが使えた程度で。
セイは中間形態以降が初代ポケモンではあるものの、主パとして基準になる初期形態は第二世代ポケモンだし、
救助隊だと今回描いたウェルフェの他にハッサが「進化前が初代ポケモン」だったりもしますけれど、逆に救助隊のED後メンバーは進化前提に仲間にしてるのが多いですし。
ちなみにカラメルはゲーム中もプリンで加入させてるので、そういう意味でも第一世代ポケモン度は高いです。
あと擬人化に関する余談として。ウェルフェの髪型は「ピンプク系統全部乗せ」で構成されてるんですが、
ピンプク要素は前髪にしたんですが、あの前髪を水面下含めて何度か描いてて、そもそもピンプクの前髪自体が、DPまでのジョーイさん由来だったのかな・・・と思ったりしました。医者キャラである事も含めてモロカブリ感が辛い。


ポケモンGOのバレンタインイベントは9日から15日まで!この記事公開時点で既に終盤!!でもバレンタインだから仕方ない(?)
ピンク色のポケモンが出現しやすくなる、みたいです。
告知画像のポケモンはピクシーとラッキー、タマゴから出やすいと報告されたのはププリンとピィとムチュール。
でもいざ始めてみたら、お前もピンクだったな!みたいなポケモンが色々出てきます。
またまたタマタマという公式回文を思い出すレベルでよく出るタマタマ、ヤドランすらまだだけどこれを機に長老への進化ストックをするべきかヤドン、同じくDPの新進化に備えるべきなのかベロリンガ・・・
タマゴから出やすくなったポケモンの恩恵はまだ受けてないです。ベイビィ系は相変わらずピチューしかもってないので誰か欲しい所。
また、ハロウィン同様にアメが入手しやすくもなっています。相棒を連れ歩く時のアメの入手頻度は下がりましたが。

実は今回の絵でネタにした願望、自分自身も陥っておりまして、
イベント以前から、ピッピとピクシーは共に野生入手して(何故かピクシーの方が先)、ラッキーもタマゴから孵った事があったのですが、
プリンについては何度か捕まえてるもののプクリンを持ってないのです・・・
現れて下さいプクリン親方!なんなら進化できるだけのプリン出現でも良いです!!
そして今回更新時点までにもまだ持ってないという。ラッキーは出たのにな!ラッキーなのかアンラッキーなのか分からない!これまた将来的にハピナスが出る事を考えればって部分はありますけれども。


前回まで何度も話題にしたFEヒーローズを今回もいくらか。
前回も触れました、14日の夕方までの大英雄戦、難易度ノーマルはなんとかクリアできました。
使ったメンバーは☆5ロイLv.19、☆4ニノLv.18、☆4カムイLv.20、☆5ミネルバLv.20。レベルはクリア時点。結局4回目の召喚メンバーも鍛えて使用。

今回のボス及びクリア報酬は、封印の剣に登場する敵国の大幹部ポジション「三竜将」の末席ナーシェン。
物語序盤から登場し、「狡猾なナルシスト」という実に分かりやすい、清々しい悪役っぷりで活躍してくれました。
最初から自ら動いていれば勝てただろうに肝心な所で部下任せ、自ら動く時はなぜか(シナリオの都合で)タイミングが悪かったり、
そうして見事に失脚していき、三竜将では最初に殉職した・・・と、そんな憎たらしいけど憎めない敵役。

ヒーローズではロイ以外の封印キャラにとっては初めて、公式ボイスが付く事になったのですが、
自分は声優についてはあまり詳しくないといいますか、好きな作品や知ってる作品に絡めた所でなんとかいくらか話題にできるという具合でして、
ナーシェンに関しては有名な声優さんらしいのですが、自分は名前を見ただけでは分からなかったので、ちょっと調べてました。
テイルズオブシリーズの主人公とかも代表作にあり、見ていておぉなるほどってなっている中、一番衝撃を受けたのは。
マグナゲートと∞迷宮のPVのブラッキーでした。
・・・知ってるキャラいたよ。PV自体は短いとはいえ、よく知ってるキャラいたよ・・・
これを受けて、ナーシェンのセリフを喋るブラッキーとか描こうかと脳裏をよぎってしまった程の衝撃でした。擬人化としては2年前のバレンタインにデビューさせたメンバーに何させようとしてたんですかね(白目)
ちなみにヘクトルとの兼役みたいです。良かった普通のイケメンもやってた。でもうちのブラッキーさんヘクトルみたいな逞しいイメージはないから結局キツそう。ブラッキーという種族的にもタフではあるでしょうけどパワーが足りない。

余談ですが、ナーシェンの代表的なセリフに「私は強い・・・私は賢い・・・私は美しい・・・私は正しい・・・誰よりも・・・誰よりもだっ!」というものがあります。
自分、このセリフの正しい順番を中々覚えられなかったんですが、最近(といってもサイファ第五弾の発売辺り)になって、探検隊チャームズの口上順に正しいを加えれば同じ順番になるという事に気づきました。
チャームズは覚えてたので覚えられました!ありがとうチャームズ!(
同時に、これやっぱり軽率にポケダンキャラでパロディしたらマズいやつだ!!(((


強引に・・・って言いたい所ですが正直最初からナーシェンからブラッキーの話はするつもりで、ポケダンに話題を関連付けつつ、今回記事はここまでです。
FEヒーローズは直近の事柄でどうしても!というのはこれで終えられたかなぁ。今後は少し落ち着いて遊んでいきたいです。直後がストライクゾーンに来なければですが!
・・・改めて他の話題も増やせたらと思います・・・;;
ポケダンはともかく、ポケモンGOとFEヒーローズってなると、かなり話題のスマホアプリ率が高い事になりますよね。スマホを使うようになってからもうすぐ5年だけど、ここにきてそうなる日が来るとはなぁ。
長くなりましたが、読んで下さりありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する