えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ほのお弱点を温めてしまう
調査団ブリガロン・メガルカリオ(擬人化・アナログ絵)

2月頃に描いてたのですが、載せるきっかけが無かった擬人化絵。
ブリガロン版リーマとメガルカリオ版ユウリ。
元の絵は2匹の紙での位置が上下にも離れているのですが、枠を付けて編集して左右に並べてます。
ここ10日近く絵を描けてないので、載せて茶を濁します・・・(´ v `;)

リーマの最終形態版は15年末にも描いてるのですが、下半身のデザインを変えてます。
鎧感を増したかった。描いた時期的にも丁度FEヒーローズの発表から配信とあった時期で、ジェネラル拗らせてた時期だったんだと思います。
試験的に武器も持たせてみる。サンムーンの『ウッドハンマー』が巨大な木槌を振り下ろす技になっていたので、手持ちハンマー。
でもリーマに武器持たせるなら槍にしたいなーとも思っていた都合、先端に槍っぽいのも付けてます。
槍の先端に斧が付いた長斧、ポールアクスとかハルベルトとか呼ばれる類のハンマー版みたいなイメージで描いてます。
ハルベルトでハンマーだから・・・ハルハンマーとでも呼んでみましょうか・・・
FEで言うとポールアクスやハルベルトは騎馬特攻の斧で、ハンマーはアーマー特攻の斧だから、もしかして:ヴォルフバイル(違います)

ユウリのメガ版は(3ヶ月前とはいえ)これが初めて。
こっちは完全に15年末に描いたルカリオ版を踏まえてます。
メガルカリオなので部分的に赤くなってるのですが、モノクロなので分かり辛いです。ダメだこりゃ。
ポケ超ダンはメガシンカにリングルが必要なのでリングルも描いてみてます。
でも、アニメのメガシンカ系アクセサリーとか見てると、メガシンカに必要でもメガシンカ時にはどっか行ってるとかありえたかもしれません・・・;;
ポケ超ダンでのこの子らのイベント進化にしたって、スカーフの能力なのに進化時のグラフィックにスカーフ無いしなぁ。


新しく描く絵がなければ、ブログに書くような話題もFEヒーローズくらいしかない。
そんな具合ですので、今回表ページはここまで。続きページに最近のヒーローズ事情をいくらか書いていきます。
といっても、今回も大体大英雄戦の話。
先日までは、大英雄戦ロイドが実施されてました。
3月頃に予告されていた中では最後の大英雄戦。これまでのロイド以外の大英雄は本編9章までにも敵として登場しているのですが、ロイドは今回が初出。
烈火の剣については6キャラ追加に伴う新シナリオもあったのですから、その時にでも出そうと思ったら出せそうだったんですが、出なかったんですねぇ。
シナリオに出す部分についてはまさかライナス待ちなんでしょうか。

烈火の剣に登場する暗殺組織「黒い牙」の中でも、特に凄腕の暗殺者4人「四牙」の筆頭。首領のブレンダン・リーダスの息子で長男。
残りの3人は、前回の復刻大英雄のウルスラに、6キャラ追加の中にいたジャファル、未実装のロイドの弟のライナスといます。
最終マップに登場するリーダス兄弟のモルフは作中屈指の強敵。実質ラスボス。生きた本人ではないですが。

今作の大英雄として登場するロイドは☆5で専用武器「リガルブレイド」が使えるようになります。原作ではモルフロイドの武器でした。
生きた本人が、モルフロイドの得物を振るうという。ミシェイルのオートクレールという例もあったのでありえるとは思っていましたが。
原作だとモルフロイドを倒す事で自軍で剣Sのキャラが使える武器でしたが、専用武器扱いなら今回は継承はできなさそう・・・?
覇者の剣だとロイがエリウッドから授かったというリガルブレイドを使う展開があったので、ロイに継承とかできるならやってみたかったんですけどねー。漫画オリジナルの展開、武器としては烈火の剣で初出だから、ゲームではできないのです。
・・・余談ですが、ロイの命名の過程でロイドは何か関係あるのかなーってたまに思ったりも、します。

ハードは例によっていつものメンバーでクリアできました。遂に実現ロイvsロイド。
ルナティックも初日でクリアできました。メンバーは☆5ヘクトルLv.39、☆4クレインLv.40、☆5アクアLv.37、☆3バアトルLv.28。
ウルスラ復刻に引き続きヘクトル大活躍です。四牙にヘクトルが有効な法則でもあるんでしょうかこの主人公。ロイド自身とは戦わせていませんが。
クレインはパントとルイーズの息子、バアトルは烈火の剣にも若かりし姿が登場と、封印キャラ2名も何故か烈火感のある面々です。
バアトルのぶちかましでヘクトルを川の向こう側に送って弓と青ユニットを殲滅、アクスペガサスとロイドをクレインとアクアで倒すという戦法を取りました。
今回の対抗ピックアップはニニアン、レイヴァン、クレイン、ヒノカだったんですが、☆4とはいえクレインに、ニニアンと同じ青属性の再行動ユニットのアクアと、今回のメンバーはピックアップを参考にした部分も強いです。

以前から度々、ロイドの対抗にジャファルを期待していた旨の発言をしてきましたが、
烈火からはニニアンとレイヴァンだったかぁ。封印キャラが全くいなかったゼフィール対抗よりは充実してるので、個人的に残念なだけで全然良いのですが。
ニニアンもレイヴァンも持ってなかったので、狙っても良かったのですが、結局どうしてもって気持ちにもならず今回は召喚見送りしました・・・;;
プリシラが2人もいるのにレイヴァンを持ってないのちょっとゴメンねって感じだ。
ニニアンは欲しいのですが、ヒノカがいるので烈火ピックアップの時より確率低いのと、エリウッドを持ってないのが気掛かりだった感じでした。

ライナスが実装されれば、四牙がFEヒーローズの中で揃う事になります。
今度こそ対抗ピックアップにジャファルが入る事も期待しつつ、ライナスの大英雄化を待つ事にします。
原作のライナスは剣メインでサブに斧を備えたキャラですが、もしもレイヴァン同様に斧装備になってたら色バランスも良いんですよね・・・やってみたい・・・
そうなると烈火の剣からの大英雄が3人と相当多い事になるのが気掛かりではありますが、覚醒でも四牙の魔符は揃っていたので、期待はできそうです。


昨日からは、最初の大英雄ナーシェンの復刻が始まりました。
当初は自軍のレベル不足でノーマルをクリアするのがやっとでしたが、今回まずはいつものメンバーでハードをすんなりクリアできました。
今回大きいのは「アイオテの盾」が手に入った事か。ミネルバを敵の弓兵に対する盾にするという戦法が取れ、全体としてミネルバの活躍が凄かったです。
ヘクトルが加入した事で、斧キャラとして戦闘力ならヘクトルの方が上かなぁって感じる場面はありますが、機動力込みならミネルバの使い勝手もまだまだ頼りになります。

復刻大英雄戦の例に漏れず、特定キャラを入れたり、特定キャラでナーシェンを倒すミッションもあるので、そちらも昨日の内に挑戦しました。
ミッションの挑戦は該当キャラ、☆4ニノLv.38、☆5アクアLv.38、☆5ミネルバLv.40の構成。
いつものメンバーハードでロイを使わなかったのでその枠で該当キャラを使い、リリーナの枠にニノ、カムイ女の枠にアクアな具合の編成。
該当キャラはヒーローズオリジナルの主人公のアルフォンスに、ナーシェンという具合です。どちらも☆4のLv.30ちょっとまで育てていたので挑戦はしやすかったです。
アルフォンスの方は難易度ノーマルで良かったのですが、ノーマルだとミネルバがナーシェンをワンパンしそうだったのでどちらもハードで挑戦。
ミネルバでナーシェンを迎え撃ってHPを相当削ってくれるので、そこに該当キャラをぶつけて倒す、それ以外の戦法は通常時とあまり変わらず、な具合です。

ナーシェンのハードをクリアした事で、現状までの大英雄戦マップはすべてクリアした事に。
ミッションの面ではルフレやナバールの復刻時のミッションはクリアできませんでしたが、あまり育てていなかったので仕方ないです。
予告された大英雄戦も一通り終わったので、次は誰が来るのやらです。まずブラックナイツことカミュがまだ来てないですけれど。
これからも大英雄戦は復刻の度にミッションも出るのでしょうね。そうでもないと既にクリアしたユーザーには旨味がないですし。
ミシェイルとか復刻の度にアイオテの盾の継承用になりそうな気もしますが・・・まぁ、数が増える事で継承用にも回しやすくなるのも魅力という事で。


ロイド対抗ピックアップを回さず、エコーズ記念のセリカ軍もまだ回しておらず、最近は召喚を殆どしてないのでオーブが溜まりに溜まってます。
これを放出するのはいつになるやら・・・セリカ軍は本当結構悩むんですが、先行配信だったアルムはともかく、こっちはむしろエコーズ本編を楽しめばよいのでは、みたいな気もしてしまってます(´ v `;)
セリカ軍のキャラは・・・ほら、既にいない事はないから・・・三姉妹・・・

そんな具合、無駄に語って長くなった部分もありますが、今回はここまでです。
読んで下さりありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する