えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
反動による波
練習用カウレッズ主パ(擬人化・アナログ絵)

前の更新を、それ用の絵を描いた所で、普段からあれくらいのバランスで目を描けたら良いなぁという事を書いたのですが、
じゃあ感覚が抜けきる前にうちの子を練習しよう!という事で描いた物。
で、練習の題材に選ばれたのは元祖な2匹です。デザイン自体は慣れたキャラを選んだ方が良いかなぁと思ったので。

でも、例の前回で描いたカタリナは「好きだけど描いた回数は多くない、全くなかったわけでもない」くらいの感じだったので、実際の所は慣れてる方が良いのか慣れてない方が良いのか、どうなんだろう・・・と後から思ったりもしました。
そもそもFEキャラに、堂々と言える程描き慣れてるキャラいないと思いますけども。回数は多いロイやリリーナでさえ安定してない気が・・・;;

もっと練習してみたり、他のキャラも描いてみた方が良いのでは、とも少し思いますが、2匹描いた時点でとりあえず載せます。
描いた時点で載せておかないと以前のカンダクトみたいに中々載せなかったり、練習なのでそもそも載せる気を無くしてしまったり、しそうな気がしたので・・・;;
ミズゴを描いていて、幅のバランスに結構悩みました。
ガタイの良いキャラが描けないので、少しずつ練習って気持ち太めにしてみようと思ったものの、自分で描いてて違和感出てきそうで・・・
自分の中でミズゴは作中テキストにあった「小さいけれど力持ち」な所を押したいとは思うものの、この「小さい」が、「背は低いけど体格はそこそこ」なのか、「全体的にどこにそんな力がってくらい華奢」なのか・・・今更ながら気になる事もあります。
ラグラージが「たかさ」は御三家最終形態としては低めだけど腕は結構太かったり、後発のメガラグラージが完全に筋肉増強なデザインだったり、そういう所にも、影響を受け悩まされます(´ v `;)
チコリが背はミズゴよりは高いけど幅方向だと華奢な方針で定まってるので、その対にする、的な意味でもアリかもしれないのだけれど、どうしようかなぁ。


7月ですね!もう今年半分終わってしまったぞ!
5月、6月共に3回更新でしたが、5月の1回は2月の絵を載せた物でしたし、6月の1回は完全に場繋ぎ更新だったしで、名実共にかなり少なかったです。
事情は色々でしたが、もう少しこっちも更新できるようにしたいです;;
昔はもう少し練習絵を描く事もあったけどそれを載せる事はなかった、逆に最近は練習絵がかなり減ったように思うので、
思うに自分は、もっと絵柄としてでもキャラとしてでも練習して、練習しては載せるべきなのでは・・・
・・・そう思ったので、そう書いてはみます。実行できるかは分かりません・・・が、実行できたら絵を載せる機会は増やせるかな・・・


最近の自分とアプリゲーム事情。

ポケモンGOは1周年が近いからかイベントに更新に大忙しですね。
ジムの仕様が大幅に変わりました。なんというか前よりもサイクル重視になったような気がします。色々な人に出入りして欲しそうというか。
レイドバトル、ポケスポット化、きのみの新しい使い道と、これまでジムを使わなかった人達にもジムを使って欲しいって事なんだろうなぁと。

新システムのレイドバトルは同時に遊んでいるユーザーが多い程有利になる、強力なポケモンとのバトル&ゲットのシステム。
とはいえ自分はちゃんとした協力戦ができた事ありません。一度だけ2人のレイドバトルがあったのですが、あの時はアプリが重く操作を受け付けない内にもう1人の方が倒しきるという、なんとも申し訳ない状況でした;;
1人の限界がある事と、アイテム報酬が欲しい事もあって、今の狙いは強さ1のレイドポケモン達。大抵はジョウト御三家の中間形態。
捕まえる相手がジョウト御三家の中間形態だとダークポケモンを思い出します。タイプをあまり選ばない主力がエーフィだから尚の事。
そもそもレイドポケモンの力ってあれなんなんだろ。どこかダークポケモンに関するモンだったり・・・しないか。まさか。
強さ2のポケモンにも挑戦できたらとは思うのですが、未入手だったので挑戦したベトベトンを倒しきる事ができなかったので、自分にはまだ厳しそうです;;

見た事がないので多分レイドポケモンとしていないんだろうなと思うポケモンですが、
一般プレイヤーには謎に可愛いだけだけど、一部のポケモンユーザーというかぶっちゃけダンジョンユーザーが戦慄しそうな所で、レイドプクリンとかレイドヌオーとか見てみたいです。採用して下さい(((


FEヒーローズは敵ユニットとしては6月中旬に登場したクライネが早くも大英雄戦に登場。新・紋章の謎に登場した暗殺組織の一員。
先に大英雄として仲間にしたローローには「クライネはつんつんしていてアイネが嫌いだけどアイネが好き」とか言われてました。ローローに理解されている系ツンデレ。
マップは新・紋章の謎20章外伝がベース。原作では暗殺組織の首謀者であるエレミヤが敵将の、暗殺組織との決戦マップです。ちなみにこの時既にクライネはいません。
クライネ自身が敵将を務めた13章外伝は、外伝7-2でモチーフになっています。マップの起用も豊富な新紋章の暗殺組織。

ローロー同様、インファナルが導入されましたが、ひとまずルナティックまでをクリア。
メンバーはハードもルナティックも、☆5ヘクトルLv.40、☆4リリーナLv.40、☆5プリシラLv.34、☆5アクアLv.40でのクリアになりました。
戦渦の最終メンバーのオリヴィエをアクアに変えたような編成。最近は大英雄戦のマップ形状は公式に事前公開されるので、今回もヘクトル無双になるかなと思って組んだ物でしたが、思った以上に活躍は分散した印象です。
シーフが「風薙ぎ」を持っていたのでヘクトルの反撃では倒せないのが難点でしたが、同時にスキルの効果でリリーナでも追撃はしてこないし、リリーナは魔法ユニットだから反撃できる。という所がルナティックの突破口になってました。
相手にソードナイトがいたからアクアは必要。防御地形があるのと元々の守備力のおかげでヘクトルでもある程度は耐えますが、倒すのは流石にアクア依存。しかし剣を倒す最有力候補になってる再行動ユニットって改めてなんなんだ。

今回も対抗ピックアップは無し。ちなみに開催期間は新紋章ピックアップの終了間際。
ローローはまだしもクライネまで早く来てしまったぞ・・・という事で、手元に残っていたオーブを使ってカタリナ狙い赤縛りの新紋章ピックアップに挑戦してみましたが・・・まぁ、ダメでした。
ピックアップの中ではアテナが来てくれたので、今回はこれで良しとしましょう。剣キャラの経験値を多くするスキルを覚えるらしいので、活用させていただきます。
やっぱり、4人中3人が同じ色だと仕方ないよね!という印象。6月投票大戦のピックアップとか必然的に無色オンリーだったんですが、狙いのキャラの☆5だけを手に入れられた方どれくらいいらっしゃるんだろうか・・・
アテナより前にはアルムが来ました3人目です。同キャラ☆5の3人目は初めてです。
多いよ!!アルム関連的な意味でも、○○○アウル使い関係者的な意味でも、せめてセリカが欲しいよ!!!
これはあれか!イベントとかあってヒーローズしたいのは分かるけどエコーズもやれという暗示か!ごめんなさい!!でもやっぱりせめてセリカが欲しいよ!!!
・・・アルムといえば、風薙ぎ。今回の大英雄戦でも印象に残った風薙ぎ・・・もしや誰かに継承して使えって事でしょうか・・・(?)
というわけで、少し夢も見たくなりましたがカタリナは今回はお預け。今度こそ少しずつオーブを溜めて、次の再ピックアップを待つ事にしましょう・・・
ジャファルが終わった矢先、別の暗殺者難民と化したあうれい。ジャファルがロイドも来た頃に手に入ったのだから、カタリナが手に入る頃にはエレミヤ様かガーネフ辺りでも大英雄化してたりするんじゃないでしょーか(適当)
カタリナもピックアップ終了後も☆5限定みたいなので、先は長い。
そうそう、赤狙いとしては副産物として、未だ持ってなかったエリウッドも欲しいと思ってたのですが、今回☆3が手に入りました。
丁度カミュやマークスを育てていて騎馬ユニットを強化していた頃合いでもあったので、育て始めても良いのかもしれない・・・もう少し早く来てくれれば尚良しでしたが、そこは仕方ない。

昨日からは新季節イベント「覚醒の夏」が始まりました。
今回は覚醒キャラオンリーの水着イベント。覚醒に水着DLCがあったのだし、覚醒が題材として扱いやすいんだろうなぁと思ったけれど、
よく考えなくても前の限定イベントの花嫁も覚醒に登場したクラスが元だったけど、あっちは幅広かったよな・・・とも思ったりなんたりも。
今回クスリと来たのはフレデリク。拾った貝殻を暗器扱いで投げる!!
ifの無料DLCではフレデリクが拾った小石をネタ暗器として貰える事があったので、その流れで決まったんだろうなぁ・・・なんかもう物凄くフレデリクに「らしさ」を感じる。
でも水着で馬にも乗ってないグレートナイトってユニットとしては全然「らしさ」は無いよね。完全に別モンだよね。どっちなんだフレデリク・・・
弓持ちガイアもいて無色2人なので狙うのは難しそう。そもそも今はオーブ不足ですし、限定ではありますががっつり狙いはしません。
20個溜まったら一度くらいは記念挑戦するべきか、それとも地道にオーブを溜める事に専念すべきか・・・


余談として。前回カタリナを「そういうキャラ」として絵に描いたのって、もしかして結構なネタバレなのでは?とかちょっと思ったりもしたのですが、
カタリナが「そういうキャラ」だと分かるのって新紋章で追加されたプロローグのラストで物語全体としてはかなり序盤ですし、ヒーローズの外伝7もカタリナのそういう所を拾ってきたシナリオだったので、
ヒーローズでカタリナに興味を持った人にすら、そこまで気にしなくても良い部類なのでは・・・と後から思ったりしました。

むしろ、あの絵に描いた残りの2名、あの2名は終盤のネタバレなのに「そういうキャラ」だと割と一般的に認知されてる気がするので、そっちはそっちでそれで良いのか・・・と思ってしまいました(´ v `;)
ヨノワールさんは空の探検隊のPRにあたって、目玉であるSE5の為にもそういうキャラだと認識されている事が前提条件になってただろうしなぁ。アニメの事も含めて。扱いが難しい御方だ。
探検隊をアニメだけ見てると、時闇編では暗躍する悪役って感じでちょっと登場しただけのジュプトルが、空編で最初からフツーに仲間になっててシュールですよね。
これ以上は完全に脱線する・・・と思ったけれど、よく考えたら絵の都合で記事カテゴリはポケダンにしてました今回。まぁどちらにせよここまで。


そんなこんな、1週間しか経ってなくてもそこそこ長い本記事はここまでです。
・・・更新頻度は上げたいけれど、絵を描く事と語りたい事を書き出すのと、どちらがメインであるべきなんだろう・・・(´ v `;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する