えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
めざせ!光の頂
本人が戦うのかレイドバトルでもするのか

ポケダン冒険団は今日で8周年!おめでとうございます!
光の冒険団の初期メンバーから第二世代までのポケモンを抜き出し、そこにサンダーを加えたら丁度8匹。
サンダーの登場が近いポケモンGO題材っぽいようで光の冒険団の絵です(((
センの表情とかもあって今年だから描けた絵などと供述しており。
前回、使う色数を絞った絵を描きましたが、これこそ黄色オンリーで描いてみてもよかったのでは、と思う程に全体的に黄色い。

3バージョン登場した冒険団シリーズですが、ほのおタイプの炎、みずタイプの嵐と来て、でんきタイプの光が来たので、光の主人公事情は若干特殊。
まず、御三家がいない関係で、冒険団シリーズで唯一主人公候補に第三世代ポケモンがいないという現象が成立しました。
だから序盤の限定ポケモンにキモリが選ばれたのかなぁ。
第三世代で数少ないでんきタイプのラクライは、敵として登場した方がギミック的には面白い(厄介)ですし。実際、光で野生出現します。
・・・助かったよこの時代、メガジュカインとかまだいなくて!!
第四世代ポケモンも2匹と少なめ・・・なんですが、今回の絵に描いた7匹の内、2匹は新進化持ちなので、最終形態で考慮するとむしろ全冒険団で最も第四世代が多くもなるという、特殊な数。
第四世代ながら第四世代が少ない、とはいうものの、そこはHGSS直前だった事もあるのでしょう。第二世代は初期形態では最も多いです。「全員初期形態の光の冒険団」と「全員最終形態の嵐の冒険団」で同じ数になります。
あと、無進化ポケモンが主人公にいるのも光の冒険団だけでしたね。

そんなポケダン冒険団はWiiショッピングチャンネルで、1バージョン1234円で配信中です!多分毎年同じような事言ってる。
WiiでもWiiUでもまだ購入できるのですが、WiiUも現行機ではなくなった以上、本体の新品入手はできませんし、ショッピングチャンネルもいつ終了するか分かりません。
WiiWareのソフト毎の配信停止もたまにありますが・・・まぁ冒険団に関しては個別に止められる理由まではなさそうかなぁ・・・
とりあえず、冒険団もいつ手に入らなくなるか分からなくはなってると思います。
他のポケダンはパッケージソフトなので、いざとなったら中古のゲーム屋さんでも置いてる所はあると思いますが、冒険団はそういうわけにはいきません。
本体もレアですし、WiiやWiiUを今から手に入れて欲しいとは言えませんが、ポケダンファンで既にWiiやWiiUを持っているなら遊んで欲しいです。

ポケダン冒険団のここがスゴイ!
・他作ではあまり見ない子も主人公にできる
・微笑ましさがあるストーリー
・探検隊ベースながら独自のシステム
・敵タワーをいかに凌ぐかな高難易度
・村の音楽だけでも聴いて

ポケダン冒険団のここがダメ
・世界は滅びない
・WiiもWiiUも生産終了済

最近ツイッターで流行ったテンプレ風に言うとこんな感じ。丁度140字です(((
多少の短所は気にならず、良い所で気になる所があるならば、是非、です。

[追記]余談として。光の冒険団のサンダーは記事タイトルにもした「ひかりのいただき」のボスで、倒すと仲間にできるのですが、
この辺りになるとブログではあまり触れてなかったハズ。仲間にはしていて、ニックネームは「プレッダー」になりました。
うちの冒険団のネーミングはせいでんき→セイ、てんのめぐみ→テンといった具合に特性名を捩ってるのが多いのですが、
伝説のポケモンに多い「プレッシャー」は、捩るバリエーションが厳しかったです・・・それ以前からの主力でもレッシャとかプレスとかいたのに・・・
後々専用技を捩る発想もできたので、そこが早期に出来ていればレッシャは、進化用とはいえ専用アイテムの「れいかいのぬの」を捩る方向になったりしたのかも。今更名前を変えるのはゲーム的にはできませんし、設定面でも変えるつもりはないですが。
コロナとして他の伝説のとりポケモンを仲間にする事は想定してませんが、仲間にしたらプレッザーにプレッヤーになるんだと思います。
ED直後に仲間にできるライコウも同じく「プレッシャー」ですが、ニックネームが決まらなかったという理由で仲間にしてないです。
今からなら、超のライコウと同一個体という脳内設定にした上で、その肩書きであるイナズマをニックネームにするかもしれないなぁ。


前回記事で、自分はポケモンGOではサンダーがシンボルの黄色チーム、インスティンクトに所属している事を書きました。
インスティンクトを選んだのは、冒険団では光を選んだから、赤・青・黄なら黄を選んだ、それだけだったりします。
これが赤・緑・青・黄とかなら、赤と緑で悩んだのでしょう。黄が無い場合も同じ。
光の冒険団はタイプで言うと炎・水・電の3択なので、くさ御三家選ぶ事すらできないじゃないか!ならいっそ御三家ナシを選んでやろう!と思って選んだのですが(開始から少し経った頃にキモリが出たので結局御三家使ったのですが)、
ポケモンGOの所属はタイプで言うと炎・氷・電の三択。御三家タイプの選択ではありませんし、そもそも御三家は最初に別に選びます。
伝説のとりポケモンで特別これが好き!というのもなかったので、光の冒険団を動機に黄色チームに。という具合です。
これが三聖獣の選択だったらエンテイとしての赤か、光の冒険団としての黄か、で悩んだかもしれません。

インスティンクトはぶっちゃけ少数派、ジムやレイドバトルのボーナス面では不便被ってはいますが、それでも楽しくやってます。
少ない分、いざ黄色いジムを見た時に嬉しくなりますし、
ジムの仕様がリニューアルされてからは、前より頻繁に見るようになった気もします。そういう意味ではジムのリニューアルは、これまでジムを使ってなかった人にも使いやすくなったのでは、という風に思います。
些細な、でも自分なりの拘りを持ってインスティンクトに所属してるので、多少不利でもチーム自体を恨むつもりはありません。
これからも自分なりに、楽しんでいきます。

前回更新から今回までに、ファイヤーと一度戦う機会がありました。
倒す事はできましたが捕獲できず。今回も最後の一球はそもそも当たらず。
今回は読み込みの遅さの新パターンとして、きんのズリのみを使いたかったのにパイルのみを使う展開までありました・・・
こんな状態なので、最も捕獲が成功しやすくなる「きんのズリのみ使用、カーブのエクセレントボール」なんて一度も出来てません。結局出来ても捕まらない場合もあるのに、当たるかも分からない物を狙うのはそもそも辛い。
この条件以外でも捕まる時は捕まったりするのかなぁ。それでも捕まるのならば、ボールが非常に当てづらいとはいえ一切当たってないわけでもないので、ボールが当たる限り可能性はあると言えるのですが・・・
果たして、伝説のポケモンを捕まえられる日は来るのやら・・・


なんとも言い難いタイミングで更新した前回でポケモンGOの事を書いて、むしろ前回の内容からして今回書くべきだったのでは・・・
・・・と書き始める前は思いましたが、書き終わってみたらまぁまぁな長さになってたので、結局はこれで良かったんだろうなと思います(((
今回記事はここまでになります。読んで下さりありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する