えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
デオキシスについて考察してみる~その2~
デオキシス考察第二弾。

今回の題は「フォルム別戦略:Nフォルム」

といっても、1つのパターンしか思いつきませんでしたが・・・(汗)

-破壊力を鍛えてもAフォルムに劣る-
-耐久力を求めてもDフォルムに劣る-
-素早さを望んでもSフォルムに劣る-


と、バランスが良いというより中途半端と言われがちなデオキシスN。
しかし、逆に考えるんだ・・・!!

注意書きは下の記事の方をどうぞ。読みたい方は続きをクリック。

新出用語

二刀流:攻撃手段として打撃攻撃・特殊攻撃の両方を持つポケモンの事。で良いんでしたっけ?


フォルム別戦略:Nフォルム

種族値:HP50 こうげき150 ぼうぎょ50 とくこう150 とくぼう50 すばやさ150
タイプ:エスパー
とくせい:プレッシャー

コスモパワー型

性格:防御・特坊・素早が補正↓でないもの
道具:回復系なら『たべのこし』等、攻撃系なら『まがったスプーン』等。
    運頼みなら『きあいのハチマキ』や『ひかりのこな』も。
    (努力値ですばやさを強化しない場合は『カムラのみ』というのもアリ?)
努力値:HP252固定。後は戦略次第で。
技:攻撃技二つ(候補は下に)・コスモパワー・じこさいせい

-Aフォルムより優れた防御力-
-Dフォルムでは到底追いつかない素早さ-
-Sフォルムに負ける事などない攻撃力-


これら全てを生かすんだ!これぞまさしく「ノーマルフォルム」!!

努力値は戦略次第と書いたが、攻撃手段を打撃か特殊のどちらかに絞るならその能力に。二刀流にするなら耐久力や素早さに振る事を奨める。
『コスモパワー』で両方防御するのも無理があるのに攻撃手段まで努力値無しの二刀流って威力あるのか?と思うだろうが、ふと考えてみてほしい。先のすばやさ考察で「素早無補正・個体値31・努力値0のデオキシスNAは最速ガブリアスより速い」と書いた。そしてデオキシスNの種族値は攻撃=特功=素早。つまり同様に考えれば・・・

「攻撃補正無・努力値0でも攻撃特化したミュウ達以上の攻撃力を持つ」

という事。こう書けば案外それなりの威力出そうでしょ?
『コスモパワー』で耐久力を鍛えながら戦う事を考えれば、種族値100級の攻撃力でも十分戦えそうだ。

打撃か特殊、片方だけなら特化しきってしまえ。種族値150からのタイプ一致『サイコキネシス』『しねんのずつき』は強烈。

まずこんな振り方を提案するのは、そもそもNフォルムよりバランスが良いなんて言ってはいけない気がするSフォルムとの差別化の為。
Sフォルムの攻撃性能は片方に特化しても補正無・努力値0のNフォルムのそれに9劣り、Nフォルムの耐久性能は片方に特化してやっと補正無・努力値0のSフォルムより2上回る程度。

だから打撃・特殊片方のみのデオキシスNでHP252・防御+特坊=256という振り方をして攻撃面を捨てると、HP・攻撃or特功に努力値を振ったSフォルムに対して素早さ・防御力で劣り攻撃面がわずかに勝るのみの存在になってしまうのだ。
では二刀流はどうかというと、この時防御面や素早の努力値を強化しても攻撃か特功一方を強化したSフォルムに対し、特化しなかった方の攻撃能力で大幅な差を見せるので、破壊力面で十分な差別化を図れる。
当然、打撃or特功特化した場合はSフォルムをはるかに上回る威力を見せるので、それで十分な差が見せられるだろう。

素早さは全振りした所でSフォルムに勝てるわけもないので、無闇に上を目指すより調整目的で振るべき。ちなみに素早補正無は個体値30無いと素早無振りでは最速ガブリアスを抜けず、素早補正↑は個体値26以上無ければ素早無振りだと素早種属値115組に抜かれるので個体値がこれらの数値に満たない場合はそれらを抜くための努力値調整をしておくと良い。あるいは、無振りよりも一ランク上(補正無:種族値105最速・補正↑:種族値120最速)を抜く調整をするのもアリ。

また、攻撃面を能力面では片方に特化していても、打撃技と特殊技両方を持たせる価値はあるかもしれない。攻撃補正↓であっても『きあいパンチ』でハピナスのHPを大分削れる。
攻撃面を片方に特化すると『コスモパワー』が成功した時に威力と硬さを兼ね揃えたポケモンになるが受け系のポケモンを出された時に不利。二刀流だと受けで止まる可能性は減るが単発の威力は少しひかえめ。そんな感じに考えれば良い。

繰り出す時は相手が自身より遅くて、かつ状態異常だとか攻撃力不足だとかで安心して『コスモパワー』を使える状態で出したい。型にはまれば強い・・・と思いたい。
ちなみに、個体値・努力値によってはコスモパワーを6回積む事に成功した際に攻撃特化グラードンの『じしん』を3、4発は耐える。・・・といってもグラードンは大抵先発なので、実際にこの型のデオキシスと対峙する事は無さそうだが。

なお、防御面を片方に特化して『てっぺき』や『ドわすれ』を使うっていうならそれはミュウツーでやれという話になる。
そうでなくても急所や状態異常で終わるとか、『コスモパワー』ならジラーチの方が安定するとか色々言われそうだが・・・

デオキシスNは単純に考えるとフルアタ向けであろう種族値なのに更に上が登場したからというのもあるが、他フォルムとの差別化を図ろうとすると上級者向けのポケモンになる気がする。自分でもコレ書いてて「型にはまれば強い」だろうと思いつつも、実際に使いこなす自信は・・・(汗)


この型のデオキシスNの攻撃技候補

下の技から好きな組み合わせを二つ持っていってくださいな。

打撃攻撃

しねんのずつき(エスパー)・きあいパンチ(かくとう)・かわらわり(かくとう)・つばめがえし(ひこう)・しんそく(ノーマル)

特殊攻撃

サイコキネシス(エスパー)・れいとうビーム(こおり)・10まんボルト(でんき)・かみなり(でんき)・シャドーボール(ゴースト)・きあいだま(かくとう)・エナジーボール(くさ)

あくまで長時間場にいる前提だから、『サイコブースト』や『ばかぢから』等能力が下がる技は選んでいない。というかその技使うならAフォルムでやれと。
無限入手不可なわざマシンの技は敢えて外している。敢えて使うとしても『くさむすび』か『いわなだれ』だが、『いわなだれ』はエメラルドなら何度でも習得できただけに複雑・・・

理論上ではすべてのポケモンに等倍以上のダメージを与えられるタイプの組み合わせの一つがかくとう&ゴースト。『シャドーボール』と何か一つになるが、タイプ一致でないので威力不足か・・・?
基本的にはエスパー技をどちらか持って行き、育成方針・倒したい相手によって二つ目の技を選ぶと良い。


こう無理矢理な構成をした所で、他のフォルムの方が使いやすいのは間違いないんですが・・・(^_^;)

ちなみに、素早無補正Nフォルムのすばやさの調整値は、何とSフォルムに変化した際にも以下のようにちょうど良い調整値に変化します。

・Nフォルム最速ガブリアス抜き最低値=Sフォルムすばやさ200
・Nフォルム種族値105族最速抜き最低値=Sフォルムすばやさ203

そういう事もあるから、二刀流はSフォルムの種族値的に厳しいにしても今回紹介した型で打撃or特功特化の場合、そのまんまSフォルムにしても十分使えたりします。
なので、素早補正無での打撃or特功特化の場合は使いにくいと感じたらSフォルムで運用すると良いかもしれません。
Sフォルムでも同じ型を紹介する予定ですが、逆にそっちを育てた際オマケ程度に今回の型を使ってみてはいかがでしょうか・・・?

次回はAフォルム・Dフォルムまとめて考察する予定です。明日に完成するかどうかはわかりません・・・;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する