えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
デオキシスについて考察してみる~その3~
デオキシス考察第三弾。このペースで行けば配布前日に全部終わる!・・・このペースで行けば!!(笑)

今回の題は「フォルム別戦略:Aフォルム&Dフォルム」

前回のNよりもバリエーションは多いですが解説も簡単です。前回Nはそもそも解説無しでは不安定以外の何でもないような型なので・・・(汗)

作品としては同時デビューだからなぁと同時掲載。
全ポケモン中トップの攻撃・特功を誇るAフォルムは良いとしてもDフォルムはHPの低さの為か更に上の耐久を持つ伝説のポケモンが多くて少し使いにくい所あるかな・・・?
何にせよ愛だ!あの姿が愛嬌あって好きなDフォルムファンもいるハズだ!!

注意書きは最初のものと同じく。読みたい方は続きページにどうぞ。

新出用語

攻撃強化アイテム:『こだわりハチマキ』『ちからのハチマキ』『いのちのたま』etc

特攻強化アイテム:『こだわりメガネ』『ものしりメガネ』『いのちのたま』etc


フォルム別戦略:Aフォルム

種族値:HP50 こうげき180 ぼうぎょ20 とくこう180 とくぼう20 すばやさ150
タイプ:エスパー
とくせい:プレッシャー

二刀流速効型

性格:さみしがり・やんちゃ・おっとり・うっかりや・せっかち・むじゃき
道具:きあいのタスキorしろいハーブ
努力値:特功252・素早252・攻撃4
技:サイコブースト・ばかぢから・シャドーボール・しんそく

攻撃技の候補は多い。今回のはあくまで一例で、他の技を使っても良い。
性格は6種類書いたが、更に3つに纏めると「攻撃↑」「特功↑」「素早↑」。どこを強化したいかにもよるだろう。
アイテムは基本的に『きあいのタスキ』推奨だが、『サイコブースト』か『ばかぢから』を2発撃てる『しろいハーブ』も魅力。相手によってどちらが有力かは変わるかと。今は『きあいのタスキ』推奨な相手の方が多いだろうけど。
二刀流と言いながら特功振りだが、デオキシスAの攻撃力は努力値振らなくとも危険なのであくタイプやハピナスやカビゴンに対抗するには十分すぎる。実際の数値は「すばやさ論」のSフォルムのすばやさをAフォルムのこうげき・とくこうに置き換えてくれれば・・・
配布デオキシスをAフォルムにして『ばかぢから』を思い出させ、わざマシン30を使うだけでこの型は完成する。

打撃型

性格:いじっぱり・ようき
道具:きあいのタスキorしろいハーブor攻撃強化アイテム
努力値:攻撃252・素早252・HP4
技:しねんのずつき・ばかぢから・しんそく・おいうち

ほのお・かみなり・れいとうパンチがGBA限定で技候補が少ないのが難点。
一発だけ『サイコブースト』を撃つという手もあるが、その場合性格は『さみしがり』『やんちゃ』等を推奨。

特殊型

性格:ひかえめ・おくびょう
道具:きあいのタスキorしろいハーブor特攻強化アイテム
努力値:特功252・素早252・HP4
技:サイコブースト・シャドーボール・10まんボルト・れいとうビーム

勿論技は一例。『きあいだま』や『くさむすび』などもある。『ばかぢから』や『しんそく』を入れるとむしろ一番上の型になるので、今回はあくまで特殊攻撃のみ。

また、全型共通で『きあいのタスキ』を持たせる場合に『カウンター』『ミラーコート』を入れてみるのも手。相手によっては直接攻撃するより反撃した方が効くかもしれないから・・・

「脆いが破壊力があるのでダメージを喰らう前に先手をとって攻撃し続ける」という、実にわかりやすく、敵に回すと怖い性能を持つ。
その極端さ故に使い勝手もよく、バトル人気も高いと言われているのかも。


フォルム別戦略:Dフォルム

種族値:HP50 こうげき70 ぼうぎょ160 とくこう70 とくぼう160 すばやさ90
タイプ:エスパー
とくせい:プレッシャー

型を触れる前に書いておくが、デオキシスDより堅い耐久型の伝説のポケモンにルギア・レジスチル・ギラティナ・クレセリアがいる。というのも、デオキシスDは防御・特坊種族値は高くても、HP種族値は他のフォルムと共通値で防御型としてはかなり低いからだ。(HPが低い耐久型にはツボツボやヨノワールもいるが・・・)

内、ルギア・ギラティナとはタイプが違うしクレセリアとは特性が違い、レジスチルとはどちらも異なっている。故に同じ戦法でも他との違いは多少は出るが、やはり基本的な硬さで劣るとなると何らかの差が欲しい所。
それだけに他と違ってデオキシスDだけが使える技が欲しくなるが、そうなると欲しい技は『コスモパワー』になるか。ぼうぎょ・とくぼうアップの両方を一つの技でカバーできるのは中々便利。かつては『めいそう』→『サイコブースト』というコンボがあったものだが、今は元XD-001なルギアも使える仕様に。なんてこったい。

コスモパワー型

性格:ずぶとい・わんぱく・のんき・おだやか・しんちょう・なまいき
道具:たべのこし・ラムのみ等
努力値:HP252固定。後は防御・特坊に
技:ナイトヘッド・どくどく・コスモパワー・じこさいせい

あくまで一例。この組み合わせだとザングースやカビゴンにピクシー、状態異常回復技を持ったノーマル等に何もできずに止まるので『どくどく』の代わりにかくとう技を入れてみるのもアリかも。
『ナイトヘッド』は効く相手がGBA版限定の『ちきゅうなげ』の方が多いのが虚しい所。技が『ちきゅうなげ』&『どくどく』だったとしても結局ゲンガーで止まるのだが。
もっとも、攻撃手段が少量だから相手のタイプによっては簡単に止まるのは殆どの耐久型の宿命か。特性が『プレッシャー』なので相手のPPが尽きるまで待つという手もあるけど。

ひるみ型

性格:わんぱく・しんちょう・のんき・なまいき
道具:たべのこし
努力値:HP252固定。後は防御・特坊に
技:しねんのずつき・でんじは・じこさいせい・何か

一応『しねんのずつき』の怯み率はルギアが使える『じんつうりき』より上。クレセリアは怯み技を持たない。レジスチルは・・・怯み率は向こうが上でも『じこさいせい』使えないし。
相手をマヒさせてから頭で突撃し続ける。目指せずっと俺のターン!!・・・といっても、当然ノコッチやトゲキッス程の怯み率は無いが。
成功率を上げる手段としては相手を混乱させる『いばる』もある。わざマシンは限定品だがあの丸っこい姿が威張るのを見たい方はどうぞ(謎)
何か怯ませるだけでも差ができてるから『コスモパワー』は差別化目的で言えば必須じゃないかも。とはいえ、怯ませる上に堅いってのは相当なプレッシャーになりそうだ。
ちなみに特性はあまり生かせない。というか生かさせない型かコレ。

めいそう型

性格:ずぶとい・のんき
道具:たべのこし・ラムのみ・こうかくレンズ・フォーカスレンズ等
努力値:HP252・防御252・特坊4
技:サイコキネシスorサイコブースト・きあいだま・めいそう・じこさいせい

念の為、ルギアとクレセリアは『きあいだま』を覚えない。対あく・はがねに使えるが、PPと命中率に難があるか。
安定するのは『サイコキネシス』だが、高威力で逆襲する事、あるいはあの胸の水晶体にロマンを感じるなら『サイコブースト』を。ただし『サイコブースト』は一度使うと再チャージに『めいそう』を2ターン使う事も頭に入れておこう。『めいそう』使うターンを相手のPPを削る時間だと前向きに思えば何とか(なりません)

結局すばやさは伸ばすべきか?捨てるべきか?と思ったが、無振りでも遅い集団相手なら何とかなるし、基本的に伸ばす必要は無いか。

コスモパワー型・めいそう型は回復技に『ねむる』を使う場合はアイテムに『カゴのみ』も推奨。ひるみ型は怯ますのが目的だから寝たら不安定ですし、『ねむる』で回復して『でんじは』→ひるみ技のコンボを使うならレジスチルにもできますし・・・


Dフォルムの考察が中々難しい・・・とりあえず何やらせても何らかの形で止まる要因あるからなぁ。
次回はSフォルムの考察と性格別のオススメフォルム考察の予定ですが、明日パソコンいじれるかどうかわからないから考察が配布開始後になる可能性も・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する